本日の日経平均株価は前日比-23円の13860円。一方で新興市場はマザーズ指数が8%超上昇する急騰劇を見せた。インターネット関連とバイオセクターを中心に、新興銘柄が急騰を見せた。

昨今の日本株式市場の上昇トレンドでは、日経平均株価が弱含んだとき、新興市場は異常な強さを見せている。市場全体が循環物色の流れを見せており、大局的には主力株→新興株→主力株→……と推移しながら、個々のセクターごとに循環的に資金が流入している。保有株についても物色の動きを見せており、好調だ。本日も後場にかけて上昇し、大引け前に押されたものの新高値を更新した。急騰する銘柄が多く、上を見ればきりがない状況だが、現状のポジションもなかなかのものだ。 まだまだ保有は継続したい。

ところで最近の株価の一方的上昇はトレンドフォロアーにとって最高の市場環境といえる。自身の好パフォーマンスもあくまで市場環境が良かったためである可能性を否定できない。常に一定程度利益の出るシステムを作ることも大事だが、ひとまず今は絶好の市場環境であるわけで、とにかく稼げるだけ稼いでおきたいものだ。


取引:なし
保有資産評価:11051830円(前日比+874000円)