本日の日経平均株価は前日比+463円の13677円。日経平均株価もレンジをブレイクアウトして上昇トレンド入り、為替市場も円安へ進んでおり、市場全体が強気相場入りしつつある。

 前日上場したリプロセルは本日寄り付き後に大幅安となったが、後場にかけて値を戻して結局長大な下髭を形成して取引を終えた。本日はいくつかの銘柄を懲りずにデイトレーディングしたのち、短期のリバウンドパターンと力強いモメンタムを見せている不動産セクターの某銘柄にポジションをとって取引を終えた。

 現状、ピーク時よりかなりの資産を削ってしまった。比率でいえば半減以上に達している。強気相場時に不動産や金融、バイオやゲームセクターに乗ることができず、逆に調整局面でそうした銘柄にポジションをとってしまったことが何よりの原因である。もっと長期の時間軸で、相場から振り落とされないように相場の主力銘柄をトレンドフォローするシステムと精神力が喫緊で必要だ。ひとまずは直近で買い圧力の集中している不動産セクターにポジションをとって、振り落とされないようにしがみついていきたい。

取引:数銘柄にデイトレーディングの後、某不動産株にポジションをとる。

保有資産評価:5386500円(前日比-113500円)