今週の日経平均株価は上昇。週中に押し目を作ったものの、上昇トレンドを継続しており、極めて力強い展開となっている。一方で新興市場は相変わらず停滞基調となっており、方向感のない値動きを続けている。モメンタム投資派の僕としては、今後の爆発的な新興市場への資金流入に期待したいところだ。

 今週は莫大な含み損を被った3901マークラインズをロスカットした。悲しいことに僕がロスカットしたタイミングはまさに短期的な底値水準で、まさに僕は最後に振り落とされた愚か者状態、株価はその後するすると上昇していった。まったくメシウマすぎるロスカットだ!直近安値を下回る水準まで株価を下げて、それまで耐えてきた投資家を振り落として上昇に転じるマークラインズの値動きは、まさに教科書的で悪魔的な値動きだった。正直にいえば今回のロスカットとその後の値動きは、僕に間違いなく悪い心理的影響を及ぼした。20%以上のドローダウンを想定することと、実際に経験するのとは大違いだ!一度の致命的な損失はもっと投資家にとって大事な冷静さを失わせるのには十分だった。

 マークラインズのロスカットを想定する中で、次の投資の候補として注目していたのは、3242アーバネットコーポレーション、4573アールテック・ウエノ、5381Mipoxの3銘柄だった。中でもバイオベンチャーのアールテック・ウエノは最も高く評価していて、予定ではマークラインズをロスカットした後には、アールテック・ウエノを買うはずだった。それにもかかわらず、マークラインズを実際にロスカットした後に買ったのは、よく調べもしていないイナゴ急騰銘柄6507シンフォニアテクノロジーだった!あまりにも愚かすぎる!唯一救いようがあったのは、買って損失が出た後、すぐにロスカットしたことだ。それでもこの無駄なトレードによってさらに損失を上乗せしてしまった。そしてその一方で、アールテック・ウエノは僕が期待したどおりの上昇トレンドを形成していたのだ!

 その後は多少は冷静になったが、それでもやや焦りを感じながら、3664モブキャストにポジションを取った。こちらはシンフォニアテクノロジーを買った時と比べれば、「理由のある」買いであったけど、正直にいえばこちらもこれまでの投資に比較すれば購入前の分析不足は否めない。それでも、高値圏でのもみ合いからの上放れは僕が優位性があると信じているチャートパターンであること、2015年は3815メディア工房や3823アクロディア、4777ガーラといった、これまでスマホゲーム関連株として物色をされていなかった銘柄が急騰する傾向があり、これまでスマホゲームセクターの中で株価的に負け組であったモブキャストもモメンタム株として注目に値すること、売上高と営業利益の爆発的上昇の可能性を秘めていること、同セクターの銘柄に比較して相対的に値動きが強いこと、押し目ではなく株価の上昇過程でポジションを取ること、といった僕自身のルールに合致した買いであり、シンフォニアテクノロジーを買ったことに比べればはるかにまともな判断だった。

 実際、モブキャストは今後配信される「18キミトツナガルパズル」や「プロジェクトMD」、「ルミナス」といったスマホゲームアプリの動向次第では、売上高と営業利益の倍増も期待できる銘柄だ。もともとモブキャストは売上高が40億円にも達していないベンチャー企業であり、月商3億円規模のスマホゲームアプリが誕生するだけでも、容易く売上高と営業利益は倍増する。市場はこうしたファンダメンタルズの劇的な変化可能性をすぐに織り込むことはできないが、それでも最強の未来予測装置である株価は段階的にその企業の成長性を評価するものだ。モブキャストの新高値更新はその現れだといえるし、これこそが僕が信念を抱く投資哲学なのだ。買った時の焦りっぷりは別として、モブキャストは含み益もあるほか、理想的なチャートパターンであることから、保有を継続してもよいだろう。

 週に一度ブログにチラシの裏な売買・資産記録を書くことは、読者のありがたいコメント(≒外野のとやかく)を落ち着いて拝聴(≒我慢)できるなら、自己規律には素晴らしい機能を果たす。投資家は失敗を反省することが大事だとは誰しもが言うが、それを実践するのは意外と難しい。投資の記録をつけなさいとは言っても、恥ずべき失敗を犯したときにそれを書こうという動機づけはなかなかできないものだし、僕もブログを始める前は、失敗は時が癒してくれるままに放置していた。投資ブログを運営するということにコミットすれば、手痛い失敗も振り返らざる負えない!そして手痛い失敗を振り返ればこそ、投資家を破滅させる危険な心理状態を初めて客観的に把握できるし、冷静な気持ちになれる。

 長々と書きましたが、当ブログ「2ch市況株板と山師の悲喜劇」は今後も管理人の運用成績は棚に上げて、負けてる投資家のメシウマネタやクソ株ネタといった株式投資三流エンターテイメントの提供に励んでまいりますが、合わせて包み隠さず管理人のメシウマネタや他山の石ネタの提供にも取り組んでまいりますので、読者の皆さまにおかれましては、今後とも当ブログをご愛顧いただきますようよろしくお願い申し上げます。


取引:3901マークラインズをロスカット・6507シンフォニアテクノロジーをスイングトレードしてロスカット・3664モブキャストを新規購入
保有銘柄:3664モブキャスト・7614オーエムツーネットワーク
保有資産評価:20,966,772円(先週比-2,752,796円)